即日融資を利用する際の在籍確認方法とは

銀行カードローンや大手の消費者金融、中小の貸金業者すべてに共通していることは、新規にローンを申込みをした場合に電話で職場の在籍確認を行うことです。

信用情報に延滞や滞納などの事故情報があっても柔軟な審査が行われてお金を貸してくれる中小規模の金融業者でも、在籍確認だけはきちんと行います。

銀行や大手消費者金融の即日融資サービスを希望する場合には、インターネットで申込をしてから仮審査の結果を知らせてもらい、支店の窓口や無人契約機、インターネット経由で身分証明書類などを提出します。

ほとんどの金融会社は仮審査の申し込みを済ませた段階ですぐに電話で在籍確認を行い、仮審査に通過したら本審査または契約の際に必要な書類を提出します。

契約手続きが終了したら、平日であれば指定した銀行口座にお金を振込んでもらいますし、休日であれば無人契約機または金融会社の支店でカードを受け取ってATMでキャッシングをします。

もしも即日融資を希望する日が平日であれば職場に電話をかければ簡単に在籍確認ができますが、休日に事務所が不在であれば在籍確認が取れません。休日に職場に出向いて電話を受けることも可能ですが、インターネットなどで申込手続きを行ってからすぐに電話がかかって来るとは限りません。

このため、休日に在籍確認が取れないような職場に勤務している場合には、電話以外の方法で職場に勤務していることを認めてもらえる金融会社を選ぶ必要があります。

一部の大手消費者金融や銀行・信用金庫では、電話以外の方法でも職場に在籍していることを認めてもらえる場合があります。大手消費者金融に休日に即日融資を申し込んだ場合、事情を説明すれば健康保険証(社会保険)を提出すれば融資が受けられる会社もあります。(即日カードローン比較について調べてあるサイト)

社会保険証の提出だけで融資を受けると、限度額が少なく設定されることがあります。このような場合、改めて平日に電話で在籍確認が行われてから本来の利用限度額に引き上げられます。一部の地方銀行ではカードローンの審査の際に社会保険証の提出が必須で、そのかわり電話で職場に在籍確認を行わないケースもあります。